再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 鹿島京子10枚

熟女

営業の外回り中、偶然元妻・京子と再会した。僕は少し強引に京子の自宅へと向かった。お茶を頂きながらお互いの再婚した事など近況を話し、昔話に花が咲いた。ふと京子を見つめると、昔の楽しかった事などが思い出され、朝から晩まで愛し合った事を思い出した。今の妻と行為で満足出来ていない僕は、興奮してしまい、京子に抱きついた。嫌がる京子だが、彼女の弱いところを知っている僕は構わず攻めていった。嫌がりつつも潤いを帯びた京子の秘部に熱い棒を差し込むと、二人が夫婦だった時のように絶頂に達した。少し気まずい時間が流れ僕はじゃあまたと玄関へ向かった。すると京子が後ろから抱きついてきた。僕は京子の今の生活に満足出来ていない寂しい気持ちが伝わってきた。僕は無言で京子を抱きしめキスをした…。

















再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 鹿島京子10枚